ブロッカーズ甲子園05(ゼロファイブ)「参加チャンス3」掲示板参加機体発表ッ!!

全国のブロッカーの皆サーンッ!!
お待たせいたしましたッ!

ヨシト05

『激闘!ブロッカーズ甲子園05(ゼロファイブ)』
「参加チャンス3:シード枠勝負せよッ!!」
画像掲示板枠のシード機
発表しまーすッ!

それでは、さっそく画像掲示板シード枠としてエントリーしていただいた機体のご紹介ですッ

エントリーNo.1

機士名:河上 源(かわかみ みなも)

作品名: 『その希望の末路は、誰もが知る』
keijiban3_1-1keijiban3_1-2jpeg keijiban3_1-3jpeg keijiban3_1-4jpegkeijiban3_1-5

コメント:

・・・・血に染まる地獄の底に垂らされた、光放つ一筋の糸。

 

「これを登れば、ここから抜け出せる!!」

 

・・・・ですが、そんな彼の末路は皆様もよく御存じの通り。

 

 

さて、今回は「冥界」から連想されるもの・・というお題でしたので「誰もが知るであろう地獄の一場面を作ってみよう」、 と一念発起して作ってみました

地獄の「気持ち悪さ」を上手く表現できた・・とは言えませんが、できるだけ「格好良くはならないよう」にしてみました。

各ポイント解説

ポイント1: 上から見上げると、「彼」と目が合います・・。

ポイント2: 糸の下の方はこんな感じ。すでに大混雑です。

ポイント3: 胸から顔にかけてのアップです。ソルジャーアーマーのパーツを芯に、

       ジガバチなどのパーツを組み合わせて人体の質感を表現してみました。

 

 

エントリーNo.2

機士名:あくあ

機体名:スチームゴーレム”killer”
keijiban3_2-1keijiban3_2-2keijiban3_2-4keijiban3_2-3keijiban3_2-5

機体説明:

 はるか昔に蒸気の力を利用し擬似的に魔導力を供給し続けるそういった機体が秘密裏に数体作られていた。

 魔導力の供給を必要としないため並の機体ではこの機体と張り合うことができなかった。

 いずれ騎士が滅ぼされる・・・

 そんなことを考えた者たちがこの機体を冥界に封印した冥界に送られ現世に戻ることもできず、かといって魔導力が生産できてしまうため朽ち果てることもなく憎悪に満ちただ静かに訪問者を食らうそんなことから勝手にこう呼ばれるようになった。冥界門番”killer”・・・・キラーと。

 

 

エントリーNo.3

機士名:ミスターQ(キュー)

機体名:冥土QUEEN=詠美(メイドクィーン:ヨミ)

 

機体コメント:

 冥界に存在する、女性機体ばかりの“エリア9(ナイン)”。そのエリアを統治する女王機体。

「ちょっと恥ずかしがり屋さんだけど、冥土のお仕事ガンバってます!」必殺技は『Return The maste(リターン・ザ・マスター)!!』

 keijiban3_3-3jpgkeijiban3_3-1keijiban3_3-2keijiban3_3-5keijiban3_3-4

 

エントリーNo.4

機士名:秘月(ひづき)

機体名:壊世龍ヴァリモダウラス with 滅龍救世刃ダウラスレイヤー 

 (カイゼル=ヴァリモダウラス ウィズ メルクセイヴァー=ダウラスレイヤー)

keijiban3_4-1keijiban3_4-2jpgkeijiban3_4-3 keijiban3_4-4keijiban3_4-5

機体コメント:

『世界』を壊す冥龍の一族が在った。彼らに訪れられた『世界』は破壊される。一頭が姿を現す度に、街が消え、国が滅び、種族が死に絶えた。

人々は彼らを「壊世龍」と呼び怖れた。それは彼らの「能力」でも単なる「暴力」でもなく、彼らに与えられた「運命」であった。

恨んでいたわけでもない。捕食のためでもない。彼らが望んでいたわけではない。ただ、関わるだけで彼らはひとつの『世界』を壊してしまう。そう云う運命に生まれてきてしまっただけであった。

 愛する者も、他の生きとし生ける者達も、豊かな大地も。彼らの「運命」に巻き込まれて、全ての『世界』は壊れてしまう。

罪無き罪に苦しむ同胞達を不憫に思った時の壊世龍の帝王は、自ら一族の隠れ住む冥界に降臨し、呪われた彼ら種族の『世界』を終わらせた。

 

ただ一頭残った、その壊世龍の帝王——カイゼル=ヴァリモダウラスは、自分を壊してくれる者を求めて眠りについた。

 

 

立ち上がった人々が居た。ヴァリモダウラスを倒すべく、彼らは滅んだ壊世龍達の死骸を素材に剣を鍛え、6人の司祭と66人の巫女と666人の子供の命を捧げて、その剣に壊世龍の「運命」を封じ込めた。『世界』を壊す「運命」を宿した、しかし『世界』を救う「願い」の込められた剣——たった一頭の最後の壊世龍を討ち滅ぼす為だけに造られた剣——滅龍救世刃(メルクセイヴァー)ダウラスレイヤーが、ここに誕生した。

その名に、倒すべき冥龍の名を冠して。

しかし、剣の形をした人々の「願い」を文字通り一身に背負った勇者は——勇敢にもヴァリモダウラスに挑んだその男は、敗れた。

ヴァリモダウラスの「運命」は、ダウラスレイヤーの「運命」を凌駕したのだ。

そして二つの「運命」は呼応し——ヴァリモダウラスは、彼自身の名がつけられた、彼を滅する為に造られた剣をその手に握り、振るい、全てを壊し尽くす非業の「運命」へと——彼が最も為りたくなかった存在へと変貌を遂げた。

そして勇者の故郷は、皮肉にも彼の地が生みだした剣によって「破壊」されたのだった。

 

唯一自分を壊せる剣を手にしてしまった壊世龍ヴァリモダウラスは、もはや誰にも壊すことの叶わない、『世界』で唯独りの哀しき破壊者となった。

 

ーーーーーーーーーーーーーーー
以上の4機体ですッ!

チャンス3の東西代表決定は17時からッ!!

お見逃しなくッ!

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。