【メカデザイン】レッドナイト、その秘密に迫れ!!

浪花の機士キタヤマでございます!!

今回は、

学園機士デュエルナイツ第3部

にて活躍する

レッドナイトシリーズ

その秘密に迫っていきましょう!!

まずはこちらの画像をご覧ください!

「セミアーキタイプ」

魔導力のコントロールを重視してチューニングされた
レッドナイトならではの形態。

戦闘開始直後でパワーの差を付けるために
アーティファクトの一部を実装した状態で召喚。

これはアーティファクトを実装することで
パワーアップすることのできる「機体」特性を逆手に取った
紅華女子大学付属高校が改良を重ねてきた証といえるでしょう。

今回の紅華VS蒼雲のナイトデュエル公式戦

紅華のキサキ・タマと蒼雲のアスノ・アキラとの戦いでは
時間稼ぎを兼ねていたので
アキラはアーキタイプでもレッドナイトのセミアーキタイプと互角に
戦えていたんですね~。

また第2戦では、マルヤマ・レイのレッドナイトリリィが
エレメントと融合したブルーナイトフェニックスの攻撃に
2度まで耐えたことから、セミアーキタイプ時での防御力も
通常の実装形態と同等近くまであることがわかります。

ブルーナイトやブラックナイトにはない「セミアーキタイプ」

しかし、魔導力コントロールがかなりピーキーになるため
扱える機士が限られてくるという、デメリットもあるようです。

逆を言えば、それを扱える紅華メンバーの強さの秘密が
垣間見えているのでしょう。

本来のアーキタイプがこちら。

第一戦で見せた加速性能から見て
セミアーキタイプはかなりスピード重視となっていると
推測されます。

セミアーキタイプからアーキタイプへ

これが、レッドナイトシリーズの本当の切り札なのかもしれませんね。

 

さて、そんなレッドナイトシリーズが活躍するWebコミックも

クライマックスまであと僅か。

今週更新予定の第23話もお楽しみに!!

ではでは~♪

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。