フォトストーリー 第四話『光源融合』公開!

空間が歪む音が聞こえる。

澄み切った空気が弾けるように輝き出すー

 

 

最終ステージには、「ファントムナイトL」と「ゴーストナイトR」が現れる。

 

その数はたったの2体ー

戦い抜いた精鋭の9体に対し、眩しく光を放ち魔導力を発散する。

 

光の中から現れた真の姿ー


右側は金色に輝くアーティファクト、左側は魔導力が瞬くアーティファクト。

 

2体が合体したとき、無限の光を放ち続けるー

 

 

 

 

『L 〈ロードルーラー〉 R ユニゾンキング』となる。

 

 

 

 


光の中から飛び出したのは、

黒い2つの竜首を持つ機士「ネイト」が新たに召喚した機体「アマデウス」である。


 

翼を広げ、大空に舞い上がると、反転急降下し攻撃を仕掛けていく!


竜が吼えると同時に機体が纏う、魔導力を高め始める。


 

 

「安らかな眠りを・・・」

 

一撃必殺の攻撃を撃ち放つ!!


 

 

 

 

絶対空間に広がる、衝撃波!

 

 

 

 


その衝撃破に怯むことなく闘いを続ける機士「レオ」が操る「黒獅子」が襲い掛かる!

 

 

 

「とどめは俺がやるッ!」


咆哮と共にその牙から魔導力が集められる。

 




 

「コレデオワリダ!!」

 

 

魔導力を帯びた弾丸がユニゾンキングへと放たれる。

 

 

 

 

 

「ナンダ!?」

 

 


 

機士「青鳳院 大和」の機体「ブルーナイト・ソード エクストリーム エリアルBst/L」 は、

いち早く強い魔導力を感じた。

 

 

 

「まだ終わってないッ!」

 


 


 

 

 

 

装備した剣に全魔導力を集中するエリアル!

 

 

 

 


 

必殺の一撃。

 


 

 

それは、膨大な魔導力の衝突を意味する。

辺りが閃光に包まれる。

 

 

 

 

第四話『光源融合』おわり   

 

第伍話『最速空間』を見る

最終話『神機機体』を見る

第零話『開会宣言』を見る

第壱話『電光石火』を見る

第弐話『夢幻泡影』を見る


コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。