今月のオレ機体!11月号

キミだけのメカから始まるオリジナルストーリー。

 

chapter05『怪僧』

 

 

混沌極まる、「裏ナイト・デュエル」の世界においても、そこに人が集まる限り、コミュニティが形成され、勢力、派閥が生まれてくる・・・

 

現在そういった機士同士のグループが大小合わせて30程存在する。

 

とは言っても、そのほとんどがただ何となく、目的も無く集まっているだけのモノで

あったり、特に好評すらしないモノ、

そもそも、表の世界のそういったしがらみに嫌気が差して「裏ナイト・デュエル」に

足を踏み入れた者達は、どんなグループにも属す筈も無かった。

 

 

そんな中、最近急激に力をつけ始めた勢力がある。

 

 

ある一人の男の登場と共に発足したその勢力・・・

 

 

大概、この「裏ナイト・デュエル」の世界では、デュエルにおいて圧倒的な力を見せた機士を中心に、

それに心酔、または利用してやろうと考える者達によって新たなグループが生まれる。

もちろん。機体「グレゴリー」を操るこの男、デュエルでの活躍は勿論のことながら、

不思議なことに、今までどのグループにも属していなかった者達をも巻き込んで勢力を拡大しているのだ。

 

 

異常とも言えるその拡大スピード・・・それは裏の世界の出来事には無関心だった、

正規の機士達の耳にも当然届くことになり、

今まで保っていた表と裏のバランスが崩れるきっかけを与える事となる。

果たして、この男の目的は何なのか?

 

 

今日も、不適な笑みを浮かべ男は「グレゴリー」を操る。

機体の右手に装備された異形の武器は、見る者に畏怖を与えると同時に、

その圧倒的な破壊力により一瞬にして心を奪う魅力をも兼ね備えていた。

 

 

この男のグループに属さない者達は、その異形の武器と、人々の心を瞬く間に捉える

怪しい能力から、皮肉を込めて男のことを「怪僧」と呼ぶ様になった。

 

 

 

chapter05終わり   chapter06に続く。

 

chapter04はコチラから≫≫≫ 

chapter03はコチラから≫≫≫

chapter02はコチラから≫≫≫

chapter01はコチラから≫≫≫

 


※この機体は、ボークス宇都宮SRで展開されている。 → ボークス宇都宮SRはこちら
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す