今月のオレ機体!9月号

キミだけのメカから始まるオリジナルストーリー。

 

chapter03『堕ちた機士の独白』


機体名:スクラップハート

機士名:コウマ

 

 

 

かつて夢見た、正規の学園機士。

今ではもう手の届かない遠い存在になってしまった。

来る日も来る日も、この太陽の光が届かない地下闘技場で、「裏ナイト・デュエル」

などという不毛な戦いを繰り返す日々・・・。

 

どこで道を踏み外してしまったのか。

それでも、この機体にさえ触れていれば、いつかはまた表舞台に立てる日がくるかも

と思っていたが、それももう限界らしい・・・。

所詮は、寄せ集めのパーツで組み上げた魔導力の低い機体、次の戦いが恐らく最後。

新しいパーツを手に入れる当ても無し。

いっそのこと、コイツと一緒に散ってしまうのも良いかもしれない・・・。

 

 ++++++++++++++++++++++++++++++++

 

〜融合〜

 

次元生命体は、融合する為の機体を求めて彷徨う。

 

 

 

この次元では、そうしないと生きて行けないのだろうか?

それとも、何か他の目的があるのだろうか?

理由は、「彼ら」にしか解らない。

 

++++++++++++++++++++++++++++++++

 

今日もまた「彼ら」に、融合された機体が生まれた。

 

 

その姿に以前の面影は、ほとんどなく魔導力も、その「質」自体が変化している様だ。

 

 

機士の方も然り、全てを諦め、生きる力をまるで感じられなかった男が、

 

 

今では全てを手に入れてやるとでも言わんばかりの生命力に満ちた表情だ。

 

 

 

果たして「彼ら」の融合は、男にとって夢の始まりだったのか?

 

 

それとも・・・

 

 

 

chapter03終わり    chapter04に続く。

 

chapter02はコチラから≫≫≫

chapter01はコチラから≫≫≫

 

※この機体は、ボークス宇都宮SRで展開されている。 → ボークス宇都宮SR

 

 

 

 

 

コメントを残す