File:No.003

ブロッカーズと学園機士デュエルナイツの極秘ファイルを流出する!
ブロッカーズ企画担当のヨシトと学園機士デュエルナイツの作画担当 
留石佳代が、「現在、過去、未来」に作成されたとっておきの資料を持って、
(秘)裏話を大暴露ッ!
 留石 佳代:
京都の美術大学を卒業後、いろいろありましてボークスに入社。絵が画けるのを活かして今回のプロジェクトに参加することとなる。ペンネームは本名ではない。(ちなみに女性ではない)
ヨシト:
ボークスのホビー企画室、ブロッカーズ担当者。自社イベントだけでなく、店舗イベントなどにもちらほら出現する。本社ビル1階のホビースクエア京都にも、商品調査と称して時々存在することもある。
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
File:No.003
『私、今回あまりお話することがなさそうですね…。』
 
 
ヨシト:いや〜ッ!ブロッカーズ甲子園02の【参加チャンス1】

   SR代表機体19体が決定しましたね〜ッ!

   どうですか、留石さん?今回の機体も強者揃いじゃないですかッ?

留石:いいですね〜!私もかなり刺激をもらっていますよ!

ヨシト:新しい機体のデザインが生まれそうですかッ?

留石:ブロッカーズ楽しい!

ヨシト:そっちですかッ!

 

ヨシト:さて、今回はブロッカーズ甲子園02も『東西代表決定戦』に

   近づいてきたこともあり、ブロッカーズの原点を見てみましょう。

 

   その資料がこちらッ!

 

 

ヨシト:おおっ!なんと近代兵器的なロボットメカじゃないですかッ!

   これも留石さんが描いたんですよね。

留石:そうですね。この当時は、まったく違うコンテンツを企画していて、

   その物語に登場するロボットを商品化した時を想定してデザインを起こしたモノですね。

ヨシト:そして注目すべきは、ここをズームアップッ!

ヨシト:そうですッ!これは各関節が共通のパーツで構成されているメカなのです。

    つ・ま・り・ッ!

   ここから“ブロッカーズジョイント”の発想が生まれたのですッ!

 

   関節パーツを最低限まで簡略化し、共通の軸と穴にすることで各部の

   ハードポイントに自由に付け替える事で、オリジナルのメカが作れる

   というコンセプトが生まれました。

 

ヨシト:さらに、カバヤ食品さんの食玩で、原形制作が“造形村”であるオリジナルメカ

  「鋼鉄の戦騎デュエルナイツ」が同じコンセプトであったことから、新たな

   ブランドとして“ブロッカーズ”が誕生したのでありますッ!

 

ヨシト:シリーズ第一弾として、ボークスオリジナルコンテンツ

   『学園機士デュエルナイツ』が開発と同時期にスタートし、今に至る経緯があるのですね〜ッ!

 

留石:私、今回あまりお話することがなさそうですね…。

ヨシト:ちょッ!ちょっと待って下さいッ!



   でも、ほらッ!これ見て下さいッ!これッ!企画書のイメージラフですよッ!

 

 これなんかまだブルーナイトのデザインが決定していないラフデザインですし、



 これは、ブロックトイとして組み合わせたイメージ画じゃないですかッ!

 

留石:う〜ん。懐かしいですね〜。

ヨシト:これを基準に、さらに組み合わせる遊び要素とシリーズ化を盛り込んでデザインして頂いたのがこちらッ!

 

 

   ブルーナイト・ソードッ!

 ブルーナイト・アローッ!

  ブルーナイト・アクスッ!!

   最後ランスでブルーナイトシリーズですねッ!

 

留石:ここからさらにブラシアップして、今のデザインになりましたね。

 

ヨシト:立体物と見比べると、各所に面影があるのが楽しいですね。

留石:この蒼雲学園の4機体は、トランプをイメージしてデザインをしたんですよ、実は。

 

ヨシト:あッ!それッ、ホビーラウンド4の“召喚コンクール”のときに言いましたね〜。

留石:今回、私いらなかったんじゃない?

 

ヨシト:あッ!

 

 

→ファイルNo.004に続く

コメントを残す