File:No.004

ブロッカーズと学園機士デュエルナイツの極秘ファイルを流出する!
ブロッカーズ企画担当のヨシトと学園機士デュエルナイツの作画担当 
留石佳代が、「現在、過去、未来」に作成されたとっておきの資料を持って、
(秘)裏話を大暴露ッ!
 留石 佳代:
京都の美術大学を卒業後、いろいろありましてボークスに入社。絵が画けるのを活かして今回のプロジェクトに参加することとなる。ペンネームは本名ではない。(ちなみに女性ではない)
ヨシト:
ボークスのホビー企画室、ブロッカーズ担当者。自社イベントだけでなく、店舗イベントなどにもちらほら出現する。本社ビル1階のホビースクエア京都にも、商品調査と称して時々存在することもある。
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
File:No.004
『…。』
ヨシト:さぁーッ!
    とうとう、ブロッカーズ甲子園02の最後の参加チャンスが終了しましたねッ!
留石:そうですね。今回もかなりのスゴ腕機士達でしたね。
ヨシト:今回は、そのブロッカーズ甲子園の東西代表に選ばれた機士たちにお送りした、
    留石さんが描いた特別描き下ろし設定画をご紹介いたしますッ!
留石:ハイ。    
ヨシト:まずは、参加チャンス1の東ブロック代表機体です。
ヨシト:さすが前回の勝利ブロックです!
   メリハリの効いたプロポーションが印象的ですねッ!
留石:そうですね。いわゆるヒーロー体系的なカッコよさがありますね。
ヨシト:続きまして、「参加チャンス1」の西ブロック代表3機体です。
ヨシト:んん~。さすが韓国の機体はアイデア機体ですね!
留石:「やられた~」って感じですね!
   また、名古屋と神戸の機体も、東ブロックの代表とは違ったカッコよさのアプローチですね。
ヨシト:そうですね。「グラディエーター」って感じですよね。
    
ヨシト:続いては、「参加チャンス2」の機体です。
    「生き物」をテーマに幅広い表現で挑戦して頂きました。
 
ヨシト:すごい表現力ですよね!
留石:「なるほど~、このパーツをここに使うか~」って関心しますね。
 
ヨシト:そして、西ブロックの「参加チャンス2」です。

留石:テーマが 付くと、イメージが伝わりやすいので、表現力がモノを言いますね。

ヨシト:いや~ッ! それにしても、今回の甲子園02は白熱したバトルとなっていますね!

    参加されたブロッカーの皆さんも、得意不得意があったのではないでしょうか。

 

 留石:…ですね。

    私もどちらかというと、テーマを付けて表現するほうなのですが、その分表現力が

    必要となるので、難しいですよね。

 

ヨシト:さすがは、東西代表に選ばれるだけはありますよね!

   そして、今回の「参加チャンス3」で各店舗より選抜された代表機体が、

  10月2日のホビーラウンド6でカバヤ食品さんを特別審査員としてお招きし、

  東西代表の決定と、いよいよのフィナーレ!『甲子園決勝戦』が開催されますよッ!

 

 どうぞお楽しみ~ッ!

 

 

 

→ファイルNo.005に続く

 

 

 

コメントを残す